HOME>人気記事>離婚問題は長期化しないために弁護士に依頼しよう

離婚問題は複雑になりがち

離婚の際に問題になるのが金銭や物を含めた財産です。不動産や車などの価値の高いものから家の中のものまで厳密には全て二人で調整して取り分を決めなければなりません。それだけでも厄介なのに夫婦どちらかに離婚の原因があると慰謝料請求にまで発生しどんどんとこじれていきます。

慰謝料請求されたときにやるべきこと

男性と女性

相手の証拠の内容を検証する

慰謝料請求は原因となる不倫の写真や文書が一緒に送られてくることが多いです。まずは慌てずに内容を確認しましょう。証拠として強い根拠を持つものは案外ありません。一緒にホテルへ入る写真であっても一度だけであれば不倫関係とはみなされなかった判例もあります。

要求を確認する

慰謝料請求の書面はほとんどの場合内容証明郵便で届きます。必ず開封して中身を確認しましょう。早い段階で相手の要求を確認しておくとそこに向かうための解決策を探ることができます。後腐れなく進めるには必要です。

金額の妥当性を見る

慰謝料請求にも態様によって金額の相場があります。高額な慰謝料請求をされた場合には一般的な金額と照らし合わせます。案件個別の条件があるため、必ずしも同じ金額になるとは限りませんが慰謝料の減額請求をするための大きなヒントを得ることができます。

離婚問題は長期化しないために弁護士に依頼しよう

相談

離婚問題専門の弁護士が強い

慰謝料請求されたらそれが訴訟にまで発展しなくても弁護士に相談するのが賢いです。当事者間で合意したはずが正式な書面がなかったために再度問題が蒸し返されることは往々にしてあります。公的に認められた書面で証跡を残しておくことは重要です。他にも交渉を有利に進めるための初動対応や離婚をスムーズに進めるための調整ごとなど離婚案件ならではのポイントがいくつもあり少しコツが必要です。頼るときは離婚専門の弁護士を頼れると安心です。

広告募集中